医療トップイメージ

医院、歯科医院開業サポート


医科、歯科の開業をお考えになっていらっしゃるドクターの方へ
いつかは開業したい。でも、何からどのように進めていけばいいのか・・・。
そもそも開業資金の準備はいつから、どのくらい蓄えておけばいいのか。
勤務しているときからスムーズに準備を進めていけるか。
妻と子供がいる状態でどうやったら上手くやっていけるか。

このような漠然とした不安は、どのドクターの方でも開業時には皆お持ちでいらっしゃいます。
ただその漠然とした不安の内容は、各ドクターの方々の診療科、診療経験、資金ストック、家族構成等さまざまな要因から複雑に構成されているのが現状です。
このような開業時の不安を的確にサポートできるかどうかは、医科、歯科の開業を経験したものにしか分かりません。

さいたま総合会計では、医科、歯科の豊富な開業経験をもとに、そのドクターの方に見合った開業サポートを行っています。
開業前の資金繰りや低利融資のご提案・申請手続、リース業者等の相見積りといった、開業時における各専門業者と提携し、ドクターの方のスムーズな開業を心掛けています。

【医科・歯科開業サポート】

開業前
1.開業に向けてのヒアリング
  〔開業地、開業年、資金準備の有無、将来像など〕
2.開業計画立案、作成、実行
  〔融資の申請時に必要〕
3.診療圏分析による開業地の選定
4.保健所、関東信越厚生局へ診療所開設届・保険医療機関指定申請書の作成・提出
5.従業員募集時の募集広告の企画立案、面接時のサポート、雇用契約書作成
6.開業前内覧会の企画、実行
7.ホームページ作成支援

開業時
1.受給資格者創業支援助成金の手続き
 →開業後3ヶ月間の経費の3分の1の金額が、公的助成金として支給されます。〔雇用保険受給資格者に該当した場合〕
2.税務署、労働基準監督署、ハローワーク、社会保険事務所へ開業届出書の作成・提出
3.フォーマットに従った会計現金管理
  〔ご使用のレセコンを最大限に利用〕

開業後の継続フォロー
1.フォーマットに従った会計帳簿の作成、指導、実演
  〔ご使用の会計帳簿がある場合には最大限に利用〕
2.給与計算代行
3.税務相談、法務相談
  〔税理士、行政書士によるワンストップサービス〕

オプションフォロー
1.医療専門節税アドバイス
2.確定申告納税予想
3.確定申告
4.税務調査対応、立ち会い
5.診療報酬、患者数、回転数等の医療専門月次報告書の作成
6.医療法人設立の提案
7.その他各種手続[診療所の移転など]


開業時手続一覧

保健所
@診療所開設届・・・開設後10日以内
(保健医療機関の指定申請以前に提出する必要があります。従って、開設届は開業日前に提出します。
A診療用エックス線装置備付届・・・10日以内
B麻薬施用(管理)者免許申請
関東信越厚生局
@保険医療機関指定申請書
[毎月1回、都道府県単位で書類の審査が行われます。 開業日の前月には書類を提出しておく必要がありますが、 各都道府県単位で毎月の審査の受付締切日が決まっていますので、ご注意下さい。
その他
生活保護法指定医療機関指定申請書
労災保険指定医療機関指定申請書

税務署 @個人事業の開業等届出書・・・開業後1ヶ月以内
A青色申告承認申請書
・・・原則 →青色申告をしていく年の3/15まで
・・・その他→1月16日以後事業を開始した場合、開始日から2ヶ月以内
B青色専従者給与に関する届出書
・・・原則 →青色専従者の給与として支給していく年の3/15まで
・・・その他→1月16日以後事業を開始した場合、開始日から2ヶ月以内
C給与支払事務所等の開設届出書・・・開設後1ヶ月以内
D源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
   兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書
都道府県税事務所
@個人事業の開業等届出書・・・開業後15日以内

労働基準監督署
@労働保険保険関係成立届・・・従業員採用後10日以内
A労働保険概算・確定保険料申告書・・・従業員採用後50日以内
ハローワーク
@雇用保険適用事業所設置届・・・雇用保険対象従業員採用後10日以内
A雇用保険被保険者資格取得届・・・上記採用後、翌月10日まで

ページトップへ
Copyright (C) 2010 さいたま総合会計 All Rights Reserved.